最期まで続ける

ナース

うつ病は心の弱い人がなるというイメージを持つ人もいますが、実際にはそのようなものではなく、誰にでもなる可能性がある病気です。職場でのストレスであったり、大切な人との別れであったり、何らかの強いストレスにさらされることに起因する気分の落ち込みだったりします。それまで楽しかったことに対してもやる気が起きなくなってしまうのです。自分はダメな人間だという考えかたをしたり、うまくいかない焦りから強いイライラ感に苦しんだりということもあります。心の病気というと、メンタルが弱いとか、気合が足りないなどといわれることもあるかもしれませんが、決してそうではなく、医師の下で適切な治療を受ける必要のある病なのです。そのため、うつ病かなと思ったら精神科か心療内科を受診して、精神面だけでなく睡眠の状況や食欲、だるさがある、頭痛があるなどといった肉体面の変化に関しても医師にできる限り伝え、正しい診断をまずは受けるようにしましょう。うつ病と診断されたら、軽度の場合はカウンセリングというケースもありますが、基本的には薬物療法が用いられるのが基本です。うつ病は脳内分泌物であるセロトニンの分泌量の低下によって引き起こされているものです。これによって興奮作用のあるアドレナリンの分泌過多によりリラックスできないとか体が常に興奮状態になってしまうといった状態になります。うつ病の治療で多く用いられる抗うつ剤はこれらの脳内分泌物の取り込みや分泌に作用するものが多く、その種類もジェネリックも含めて数多くあります。それぞれで作用機序が異なったり、副作用の形に差があったりと特徴があるため、それぞれの患者の状態に合わせたものを組み合わせて医師が処方していくというのが基本です。うつ病の薬は効き始めるまでに1〜2週間ほどかかる場合が多いため、すぐに効果が出ないからといって効果を疑ったり、服用を止めてしまったりすることがないように注意する必要があります。治療を始めたばかりのうつ病患者は治療に対して、懐疑的であったり消極的であったりする場合も多いため、周りの人間が服用をきちんとチェックして管理していくのが理想と言えるでしょう。また、薬によって、人によっては吐き気や頭痛、体重増加などといった副作用が出ることもあります。ひどいようなら早めに医師に相談をして必要があれば薬を変えるなどといった対策をとっていくようにします。薬の効果が出てくると一気に症状が改善されていくことも期待できるので、欠かすことのないように気長に治療を続けていきましょう。症状も回復し、いざ職場復帰というような段階になっても、安易に服薬を停止することなく、医師から指示がある以上飲み続けるのもとても大切なことです。服薬を自己判断で停止してしまうことによって、せっかく改善した症状が再発してしまうという事例もあるため、うつ病という病気を甘く見ることなく、一歩一歩確実に進んでいくことが大切です。長期にわたるつらい時期の治療になるため、家族など周りの人の支えが大切なのです。服薬管理を中心に小さな変化に一喜一憂していくことなく、協力して治していきましょう。

医師の指示に従う

女の人

うつ病は薬の服用によって治療効果が得られるようになっていますが、効果が出るまでに時間がかかり、副作用が出る場合もあります。飲む量に関しては自分で判断するのではなく、医師の指示に従うようにしておけば効果が出やすくなります。

薬の作用や特徴

聴診器とキーボード

うつ病の患者に使われる薬剤には色々な種類があり、代表的なものに睡眠剤、抗不安剤や抗うつ剤などがあります。それぞれに特徴があり、患者の症状や程度によって適切な薬剤がチョイスされます。定期的に続けるため副作用のチェックが大切です。

飲み続けることの大切さ

メンズ

様々な症状が見られるうつ病ですが、最近注目されている治療方法が薬を用いるというものです。担当医の指示をしっかり守り、適量を飲むことが大切です。ものによっては副作用が起こるケースもあるため、早めに担当医に報告することが求められます。