ドクター

薬の作用や特徴

聴診器とキーボード

種類は豊富にある

職場や学校や家庭でのストレスが引き金となってうつ病を発症する人が増えています。ある調査によればおよそ10〜15人に1人が生涯にうつ病を発症するといわれていて、決して珍しい病気ではないことが分かります。一方、街中を歩いていると心療内科や精神科を掲げるクリニックをよく見かけるようになりました。うつ病も他の病気と同じように、専門のクリニックを受診してきちんと治さないと、再発や悪化してしまうので注意が必要です。治療は基本的には休養と薬物によるものが中心ですが、薬はすぐに効果が出るものではなく、時間をかけてゆっくりと効いてきます。またうつ病は一進一退を繰り返す病気なので、焦らず時間をかけてゆっくり治していくことがとても大切です。ところでうつ病に使われる薬には色々な種類があり、患者のQOLを確保するために有効で安全な薬物を医師が選んで処方します。ここでは代表的な薬物について取り上げます。うつ病患者が訴える症状として多いのが不眠です。寝つきが悪い・途中で何度も目が覚める・早く目覚めてしまうなど色々な症状に分けられ、それぞれに適した睡眠剤を選択することになります。基本的には薬剤の作用時間で選択され、入眠困難な患者に対しては短時間作用型の睡眠剤を使います。また中途覚醒や早朝覚醒を訴える患者に対しては、中時間作用型や長時間作用型の睡眠剤が選択されることが多いです。また不安や緊張を訴える患者も少なくありません。そのような場合は、抗不安剤を使って様子を見ることがあります。最近よく用いられる抗不安剤には、ベンゾジアゼピン系抗不安剤と呼ばれるものがあります。この薬剤は脳内にあるベンゾジアゼピン受容体という物質に働きかけます。そうすることで興奮を抑える物質の働きが高まり、気分がリラックスして不安や興奮が抑えられる仕組みとなっています。ちなみに興奮を抑える物質というのはGABAであり、聞いたことがある人も多いでしょう。このベンゾジアゼピン系抗不安剤にはたくさんの種類があり、強さや作用時間などが異なります。やはり患者の症状に応じて適切なものが選ばれます。また抗うつ剤と呼ばれる薬剤があり、気分の落ち込みなどを改善させます。抗うつ剤も色々な種類がありますが、代表的なものが三環系とSSRIと呼ばれるものです。三環系は神経線維間の神経伝達物質の量が減るのを抑えることで、気分の落ち込みを防ぎうつ病を改善させます。因みに神経伝達物質にはノルアドレナリン、セロトニンやドパミンなどがあります。この三環系は昔からあるもので効果はあるのですが、眠気や口喝などの副作用が出やすいという特徴があります。それに対してSSRIは三環系に比べると副作用が出にくいといわれています。特に意欲を高める効果が優れています。この他にも色々なものがありますが、たくさんの種類があることが分かります。長期にわたって使われることが多く、効果が出てくれば投与量を減らすなどの調節が行われることがあります。また長期にわたって服用するということは、定期的に副作用をチェックしていかなければなりません。服用を続けていて気になる症状がある場合は、医師や薬剤師に遠慮なく相談することをおすすめします。