ドクター

飲み続けることの大切さ

メンズ

治療期間はどれくらいか

気分が落ち込み、何もやる気が起きなくなってしまうのがうつ病の特徴です。いわゆる精神症状が顕著になってしまううつ病ですが、その治療方法には様々なものがあります。特に近年注目を集めているのは薬を用いた治療方法です。うつ病は気分の落ち込みが強く見られるものになっていますが、うつ病の症状を防いでくれるセロトニンなどの成分を含んだ薬を用いることで、うつの症状から切り離されやすくなるのです。手軽な治療が行なえることで注目される薬物療法ですが、うつ病に関しては、基本的には周囲のサポートが大切になってきます。ご家族やパートナーと力を合わせ、ゆっくり焦らず治療に取り組むことが肝心です。その際には、周囲の方は本人を焦らせることのないようにしましょう。うつ病において、患者を焦らせることは控えるべきことなのです。そして、理想は自ら治療に臨むことです。周囲の方々の強制ではなく、自分から改善していこうという気持ちを導き出すことができるかどうかが大切になってきます。そうした下地が揃ったうえで薬を利用するとより高い効果を得られるわけですが、その際には担当医との相談が欠かせません。担当医は患者が訪れる度に、状況をしっかりと見定めたうえで薬を処方します。うつ病は急に治るというものではなくじっくりと治療に取り組んでいくものになるため、焦らない対応が非常に大切なのです。薬を利用した治療を行なう際の注意点としては、担当医の指示に従うということが挙げられます。こうした薬は適量を適した時間に飲み続けることが必要となります。自分の判断で飲み過ぎたり、飲まなかったりするということをしてしまうと、症状が良からぬ方向に行ってしまう可能性があるため、用法と用量を守ってしっかり服用していきましょう。うつ病の症状が収まるまでの期間は、一般的にはおよそ半年間とされています。その期間は医師の指示にしっかり従いましょう。薬を利用する際には、その副作用もしっかり押さえておきましょう。ものによって副作用は異なりますが、一般的にはだるさや眠気などの軽いものが挙げられます。軽い症状であればまだ良いかも知れませんが、重くなると頭痛や吐き気といった症状も認められることがあるようです。そのため、副作用が出るようであれば早めに担当医に相談した方が良いでしょう。また、うつ病の症状が現れた際に訪れるべき診療科は精神科や心療内科となります。うつ病だと判断できる場合にはすぐにそれらの診療科へ行けば良いのですが、厄介なのは診療科が判断できない場合です。うつ病の症状は、やる気が起きないといった精神的なものだけではなく、倦怠感など体調不良として現れることがあります。そうした場合、ほとんどのケースでは最初に内科など別の診療科を選択してしまいます。うつ病だとは気付きづらい症状であるためある程度仕方ありませんが、兆候に少しでもうつの疑いがあるのであれば、まずは精神科や心療内科を選択することが大切だといえるでしょう。これは本人では気付けないことが多くなっているため、できるだけ周囲の方々が早めに気付いてあげることが大事です。